ウミネコラム

「ウミネコアーキ」が、建築について日々感じていることやら読本のまとめやらを色々と書き連ねるところ。

空間

絶対と関係と野生の間

3つの展覧会を駆け足でハシゴしての雑感。 ***** 「紙の上の建築 日本の建築ドローイング1970s―1990s」@国立近現代建築資料館 毎度お馴染み毛綱毅曠さんのドローイングが異彩を放ち過ぎてあれですが、個人的には同時代の建築家の影響が伺える藤井博已…

【感想まとめ】「能作淳平展&ギャラリートーク04」

過去のトークイベントの感想まとめ。 ***** 「能作淳平展&ギャラリートーク04」@プリズミックギャラリー 能作淳平さんの展覧会がもうすぐ終わってしまうので観に行こうと思ったらちょうどトークイベントの日だったらしく、ぬるっと拝聴。 *****…

【感想まとめ】「Parallel Session 2017」

過去の建築イベントの感想まとめ。 ***** 2017.10.22(日)「Parallel Session 2017」テーマ“動く、動かない”@建築会館ホール 日本建築学会が主催する、昨年度のパラレル・プロジェクションズ2016に引き続き今年も開催された建築イベント。昨年は年齢制…

【ブックレビュー】アルド・ロッシ著『都市の建築』

最近、改めて建築の在り方について考えていて、思い至った一つの解答として<都市の建築>が適切なのではないかと考えた次第。そこで同じワードを表題としてる40年ぐらい前の本、アルド・ロッシ著『都市の建築』を読んでみる。※ちなみに、ここでいう<都市>…

【感想まとめ】Emerging Trajectories: アンドリュー・コバック、ヒメネス・ライ、ジョアンナ・グラント来日講演会

過去のトークイベントの感想まとめ。 ***** 170512(Fri.)Emerging Trajectories: アンドリュー・コバック、ヒメネス・ライ、ジョアンナ・グラント来日講演会-米国若手建築家が生み出す新しい建築の空気感 Japanese Junctionのレクチャー企画として、今…

【感想まとめ】建築夜学校2016「切断」の哲学と、これからの建築

過去のトークイベント感想まとめ。 ***** 161007(Fri.)建築夜学校2016「切断」の哲学と、これからの建築講演者:千葉雅也×門脇耕三×平田晃久コメンテーター:松田達モデレーター:平野利樹 久々に建築の思想的な議論を拝聴。やっぱりこういう話は面白い…

身体の境界、あるいは個人の領域

身体の境界はいったいどこにあるのか。あるいは、個人が管轄する領域とはどこまでなのだろうか。 文化人類学者Edward Hallのパーソナルスペースに関する理論はあまりにも有名であるが、今回は個々人における境界の規定について考えたい。 電車に乗っていると…