ウミネコラム

「ウミネコアーキ」が、建築について日々感じていることやら読本のまとめやらを色々と書き連ねるところ。

都市

都市的人間<ホモ・ウルベ>はサプライチェーンに飲み込まれる

最近よく考えている都市/集落とナリワイ、そこから見えてくる接続性/切断性について。 ■ 新しいこと=古いこと? 『建築ジャーナル2018年2月号』の情報ポストにて、「「集落」という実験場、やいか」という記事を書かせていただいた。 『建築ジャーナル201…

【感想まとめ】レクチャーイベント『反重力建築の姿と世界』

過去のレクチャーイベントの感想まとめ。 ***** 17.10.15(Sun.)「反重力建築展」レクチャーイベント『反重力建築の姿と世界』@四谷アートコンプレックスセンター ANOMaRY Studio(http://takumianezaki.wixsite.com/le-kuroe-archiart)・建築芸術家とし…

【ブックレビュー】アルド・ロッシ著『都市の建築』

最近、改めて建築の在り方について考えていて、思い至った一つの解答として<都市の建築>が適切なのではないかと考えた次第。そこで同じワードを表題としてる40年ぐらい前の本、アルド・ロッシ著『都市の建築』を読んでみる。※ちなみに、ここでいう<都市>…

新たな建築をめざして

私は、昨今の「建築」に失望している。 かといって、建築に見切りをつけたわけではない。 事実はその逆で、建築の力を信じているが故に昨今の「建築」に失望しているのである。 それはなぜか? 実社会において「建築」を建てるとき、その殆どが施主の意向に…