ウミネコラム

「ウミネコアーキ」が、建築について日々感じていることやら読本のまとめやらを色々と書き連ねるところ。

【ブックレビュー】エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ著『食人の形而上学』

エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ
『食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道』

f:id:takuya-w-1008:20180102023742j:plain

エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ著『食人の形而上学

 

***
現代において重要な考え方が提示されてると思ったのでご紹介。
文化人類学ドゥルーズガタリの「多様体」や「リゾーム」といった概念を持ち込んで哲学と架橋した面白い著書。
余談ですが、下敷きとしてもちろんレヴィ=ストロースがいるわけですが、妙に読み進めるのがしんどかった。文化人類学にまだまだ慣れてない証拠。
***
ここからが本題です。
自己と他者が相互に向かい合ったとして、実は互いの視点に双方向性は無く、それぞれが異なったものの見方をしている。それをパースペクティヴ主義という。誰かの視点を想定して、彼のもののを見方を思考すること。
例えば、本文中の表現を借用すれば、ある人にとっての「ビール」がある人にとっては「ジャガーの血」である、といったように。これは極端な例だが、重要なのは、二元的な二つのもの(例えば自己と他者)は互いに「非対称的で相互的な内含の関係」だということ。
自己規定のためには、他者を取り込む/捕食する必要がある。これを”食人”というショッキングな隠喩として表現されている。
***
ガイドラインとなる本文を抜粋。

”他者に関して同じように無知であるにもかかわらず、他の他は、同の他と同じでは決してない。おそらく、真逆だというべきだろう”(p.34)

"…「私を理解しない彼らの仕方は、私が彼らを理解しない仕方とは同じではなかった」。おそらくそれは、これまで提示された人類学の最良の定義であるだろう。ここで決定的なポイントは、無理解という経験的事実にではなく、双方の無理解は同じではないという「超越論的事実」にある。だから、誰が間違っているのかを問うことも、誰が誰を間違えているのかを問うことも重要ではない。多義性は、誤りではないし、蔑視でも誤謬でもない。それは、多義性を含む関係性の根拠そのものであり、外部との関連のなかにつねにあるものである”(p.108)

***
誰ひとりとして同じように物事を見ていないと仮定するならば、できるかぎり相手の視点にたって、彼の見ている景色を”想像”する必要がある。
だから彼になりきること/取りこむこと、つまり捕食しなければならない。
否定、拒絶するのではなく、畏敬の念をもって”食人”すること。それは自己と他者の間を越境するための一つの手段である。
二項対立を弁証法的に一元化するというより、複雑なものを複雑なまま折り込むような感覚。
私はこう思う、あなたはそう思う、それを無理にまとめなくていい。存在への寛容。
つまるところ、思いやりの精神ですね。